酒の飲みすぎと肝臓病

MENU

酒の飲みすぎと肝臓病

 

 

酒の飲みすぎと肝臓病

アルコールの飲みすぎによりにいろいろな臓器に病気が起こりますが、なかでも肝臓病は最も発症しやすく、かつ重篤にもなる病気です。

 

「飲酒量が多い」、「飲酒期間が長い」ほど起こりやすく、事実、アルコール依存症者における肝障害は約80%と高頻度です。

 

自らに強い意思があれば予防できますが依存症という性質のため、残念ながらその予防はほとんど実行できていないのが現状です。

 

肝臓病改善サプリ『白井田七』

 

お酒によってなりやすい肝臓病

 

≪脂肪肝≫
飲み過ぎにより多い肝臓病である脂肪肝(無症状が多く、偶然、見つかる場合が多い)。

 

肥満や糖尿病による脂肪肝もあり、飲酒をしている方との予防方法が変わってきます。飲酒が原因の脂肪肝なら、やはり禁酒が短期間で改善するのに手っ取り早い方法です。

 

 

≪アルコール性肝炎≫
脂肪肝にもかかわらず、大量の飲酒をした場合にアルコール性肝炎になりやすくなります。

 

症状には「腹痛」、「発熱」、「黄疸」が見られ最悪、死亡する場合も。完治した後でも、肝硬変になりやすい状態ですのでお酒を飲まないのがベスト。

 

 

≪肝硬変≫
アルコール性肝臓病の最終段階ともいえる肝硬変。

 

症状としては腹水、黄疸、吐血などが見られます。肝硬変と言うと不治の病のイメージですが、アルコール性の場合、断酒を継続していると改善に向かい、治すことができます。

 

 

肝臓病予防・再発防止にオススメのサプリメント!

お酒がやめられない、食生活を変えられない、でも健康は維持したいひとに

 

 

肝臓病改善サプリ『白井田七』

 
女性更年期サプリNo.1
full─meMACA MIU

男性更年期サプリNo.1
ゼファルリン


自律神経失調症サプリNo.1
セロトアルファ


生活習慣病サプリNo,1
白井田七