更年期障害とは

MENU

更年期障害とは

 

更年期障害に良く効く通販サプリ比較ランキング

更年期障害とはホルモンバランスの症候群で、症状がひどく、仕事や家事や日常生活ができないほどの症状のことをさします。原因のほとんどはホルモンバランスの崩れ。女性なら閉経期の前後でおこる卵巣機能の低下、男性の場合は睾丸の精巣からのホルモン量の低下が主な原因です。

 

 

【更年期障害の症状】

  • 火照りやのぼせ、多汗、口の渇き、のどのつかえ
  • 頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、息切れ
  • 肩こり、疲労感、筋肉痛、性交通、関節痛
  • 動悸、血圧の不安定、生理不順
  • 腹痛、腰痛、下痢、便秘、微熱
  • イライラ、不安感、うつ、ED

【治療法】
女性に対しても男性に対しても、ホルモン療法が有効とされるが、乳がんなどの恐れがあります。その他、漢方薬やプラセンタ療法を使って治療など。

 

 

ツラい更年期を手軽に治す方法もあります

 

忙しい中、わざわざ通院しなくても女性ホルモンを安定させるサプリメントで、更年期を完治が期待できます。

 

更年期障害を緩和・治療はサプリメント


 

 

 
女性更年期サプリNo.1
full─meMACA MIU

男性更年期サプリNo.1
ゼファルリン


自律神経失調症サプリNo.1
セロトアルファ


生活習慣病サプリNo,1
白井田七


更年期障害とは記事一覧

プレ更年期とは、閉経前後の約10年間の間に起こる更年期障害のことをいいます。早い人で40歳前後から更年期障害がみられるようになります。これは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが鈍くなってくるために、女性ホルモンが減少し更年期障害の症状が出るというわけです。このホルモンバランスが安定するまでの間が「更年期」となりますので病院に行く必要がありません。病院に行かずに放置して治るのが更年期の特徴とも言えま...

更年期障害は治ります体に偏重が起きたとき、病院で診断を受けて更年期障害であるかどうかを調べることは、思い込みも多い症状のため、医師の診断は本当にあなたは今、更年期障害なのか?を知ることができるため重要です。ですが、治療となると医者任せで処方された薬をただ、飲むだけでは治るとは限りません。また、薬によって発がんする可能性だってあります。今はだいぶ改善されているでしょうが、過去にはホルモン剤を注射して...

更年期障害で具合が悪くなる原因はホルモンバランスの乱れにあります。閉経前後は卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」の減少が起こり、これが女性の身体に影響を及ぼすのです。つまり、加齢によって中高年ちかくなった女性に更年期症状が多く見られるのはこのため。人によってあったりなかったりするのは、食生活などで摂取する栄養に違いがあると推測されています。また、エストロゲンは更年期障害を引き起こすだけで...

更年期障害は女性ホルモン「エストロゲン」の減少がおこるためにホルモンバランスが崩れるため、その症状は様々です。生理不順のぼせ・多汗・動悸不眠症性交痛尿失禁動脈硬化血中脂質増加骨粗しょう症など更年期にはこのような様々な症状が表れてきます。身体の変調、病気もそうですが精神的に心が疲れやすくなり、情緒不安定になることの方が辛いとも言われていますので、出来るだけ早く、個人でも出来る方法で改善しましょう。ツ...

更年期障害と言えば、60代くらいの中高年女性に多いイメージですが、いくら若くても過激なダイエットや精神的ショックで早発閉経を起こすことがあります。そもそもの更年期の原因は、女性ホルモンの乱れにあります。通常は加齢によって乱れるホルモンですが、ストレスなどが原因で、「若年性更年期」になる人も存在します。とくには性格的に生真面目で責任感の強い人がなりやすいのです。妊娠しているわけではないのに半年以上、...

成分が弱すぎて改善までに至らない市販薬ドラッグストアーで簡単に手に入る命の母やルビーナ。CMなどで宣伝されているものですので、更年期障害に悩みをもつ人ならその効果の評判は気になりますよね?果たして本当に更年期障害に効果があるのでしょうか?答えとしては正直、効果は薄いと言わざるを得ません。漢方薬は基本的に3段階の強弱でクスリを配合します。市販で売られているのは”弱”のもの、つまりは本当に更年期の軽い...

生理があるからといってまだ更年期ではないというわけではありません。閉経前後の年齢ではなくても更年期障害になる可能性は、十分にありえるのです。確かに一般的に閉経前後や、閉経により生理が完全に止まった方によく見られる更年期ですが、簡単に線引きできるものではないのです。医学的には卵巣の機能が徐々に衰え、排卵がなくなり女性ホルモン”エストロゲン”の量が減っていく時期を更年期をいいます。このエストロゲンが減...

実は骨の中には骨を作る細胞と壊す細胞があります。閉経前後や更年期の人は女性ホルモン”エストロゲン”の減少している状態、この”エストロゲン”が骨を壊すスピードを調整しています。また、エストロゲンがなければカルシウムの補給が出来ないので、更年期女性は骨密度がスカスカになり、骨粗しょう症になりやすいのです。最近では若い娘でも過度のダイエットによってホルモンが乱れ、骨粗しょう症の人も増えてきています。骨密...

乳がんは45〜55歳の女性の人に多く、子宮がんは更年期の時期になりやすいということが、最近の医学データで明らかになってきました。その理由に更年期にホルモンバランスが崩れると、細胞がガン化しやすいために、ガン発症者が40代以上の女性に目立ちます。乳がんは他の臓器に転移すれば完全に治る事は難しいですが、最低半年に1回、検診することで早期発見でき、すぐに治療を受ければ、ほぼ100%完治できますので、30...

エストロゲンとはエストロゲンとは女性の卵巣で作られる女性ホルモンのことです。エストロゲンの働きは、規則正しく月経をおこす作用であったり、コレステロールの増加抑制、良好な血流を整える、カルシウムの形成、自律神経や脳の働きを良くすることも知られています。また、エストロゲンには人間の行動や情緒などを安定させる作用があり、エストロゲンの分泌が低下すると、こちらも心の安定を司るセロトニンの分泌も下がり、心の...

個人で出来る早く更年期を治す方法とは≪栄養をサプリ補う≫更年期障害の原因は女性ホルモン「エストロゲン」の減少によるホルモンバランスの乱れです。逆手にとれば、女性ホルモンを正常に戻すことが出来れば、自ずと更年期障害の苦しくつらい症状がなくなっていき、コレまでどおりの生活を取り戻すことが出来ると言う事。それには身体の中で女性ホルモン生成を促し、血流を良くするサプリメントなどで、エストロゲンを補い、バラ...

顔・頭皮・こめかみ、襟足・胸元・手のひらなど、大して暑いわけでもない、寒くても大量の汗が吹き出てくる場合は更年期障害の可能性が高いでしょう。いわゆる「ホットフラッシュ」ってやつで更年期障害の症状の一つ。大量の汗の他に末端の冷えが特徴的です。ホットフラッシュは、更年期症状の重くなってきたときに出やすい症状でもありますので、早い対処を心がけましょう。なぜ、更年期障害となるとホットフラッシュが起きるかと...

自分以外の人は快適な温度なのに、自分だけが暑い!太っているわけでもなければ、厚着をしているわけではない。それなのに人よりも暑く感じている場合、アナタは更年期障害かもしれません。更年期はホルモンバランスが乱れ、副交感神経を優位にさせるため体温調整が上手くいかなくなってきます。このため、いくらエアコンの設定温度を下げて寒い環境を作っても暑く感じることがあり、同時に大量の汗をかく「ホットフラッシュ」の症...

なにも怒るような要素もないのに、なぜかいつでもイライラ!そんな人はひょっとしたら更年期障害なのかもしれません。イライラは更年期の代表的な症状であると同時に、人間関係をたやすく破壊する可能性のあるとっても厄介な症状。たとえどんなに仲が良かった家族であっても更年期の訪れがキッカケで、ギスギス感、離婚などで家族がバラバラになったりします。更年期が終わると我にかえって「なんで、あんなにイラついていたんだろ...

息の上がるような運動のしていないのに、ドキドキ動悸がしてきて息苦しくなる!そんな人はひょっとしたら更年期障害なのかもしれません。更年期原因は、女性ホルモンの減少にありますが、これが自律神経にも影響を及ぼし「不整脈」「胸がドキドキ」「動悸」「息苦しい」などの症状があらわれます。この障害が酷いときには、過呼吸になる可能性も!これがもし、車やバイクの運転中に起こると事故になって取り返しのつかないことにな...

あなたの手足のしびれ…、それは更年期障害が原因かもしれません。大まかなしびれの原因には、「神経性」と「血管性」の2種類あります。神経性痺れといえば、「腰椎椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄」などの手足のしびれが有名ではないでしょうか?これは神経が圧迫されることによりしびれが生じます。更年期障害による手足のしびれは神経は関係なく、原因は【血管性しびれ】となります。ではどうして更年期による血管性しびれは起...

急に強くなったあなたの加齢臭や体臭…、それは更年期障害が原因かもしれません。「加齢臭」と聞くとオジサンの体臭のイメージですが、更年期を迎えた女性も加齢臭は強くなり、匂ってくることが多いのです。加齢臭の臭いというのは「ノネナール」という物質がの臭い。これは頭皮、耳の後ろ、胸、脇、背中などの皮脂線から分泌されます。お父さんの枕が臭いのは、頭皮や耳の後ろから分泌されるノネナールが寝ている時に枕に移ってい...

身体のだるさや疲労感…非常に何気ないものですが、その原因が更年期障害にあって、それを改善することによって「慢性的なだるさや疲れやすさ」から解放されるかもしれません。更年期障害というと、ホットフラッシュやイライラ感などが有名ですが、だるさ疲労感もれっきとした更年期症状です。身体がだるいのに、家事をしなければならない…疲れているのに、仕事をしなければならない…倦怠感で身体が悲鳴をあげているのに子育てを...

中年〜高齢女性が太る原因は、更年期障害かもしれません!若い時に比べ、食も細くなって大して食べてもいない………なのになぜかブクブク太ってしまう!肥満体質・メタボ体型になってしまう!!食べてなくても太るその原因は更年期障害によって「基礎代謝が悪くなる」ことにあります。基礎代謝とは、肺や心臓などを動かすために、カロリーを消費して活動させています。つまり、摂取カロリーが必要カロリー以下ですと、太らないはず...

更年期障害と聞くと、ホットプラッシュ、火照り、のぼせなどのイメージを持っている人が大勢いますが、じつは真逆の症状と思える悪寒や冷え症も更年期障害の症状だったりします。更年期はホルモンバランスが崩れることで、血流が悪くなったり自律神経が乱れます。これにより、手足の冷え、背筋の悪寒などを引き起こします。上半身は火照って暑く、汗をかいているけど胸よりも下は冷えて寒気を感じる…なんてことも多いようでござい...

「のぼせ」は更年期障害の症状の一つで、更年期に出やすい症状と言えます。更年期の人なら必ず症状が表れる、典型的な症状といっても過言ではないでしょう。のぼせると、鼻腔内の毛細血管が破れ、同時に鼻血も出ることも多いので、注意が必要です。更年期と甘く見ていてはダメ!!辛い症状は仕事や家事をする際に多大なストレスを感じるようになるので、頑張りすぎると更年期障害が原因で「更年期うつ病」になったり、する原因とな...

じんましんや身体の痒み、湿疹など一見、更年期障害と無関係そうですが、れっきとした更年期症状の一つ。これら原因で思いつくのは食物アレルギー、飲んだ薬が身体に合わない、肌の乾燥などで刺激を感じたことで症状がでたりすると考えられますが、更年期障害になりますとホルモンバランスが崩れるために免疫力も大きく減少、じんましんや身体の痒みを引き起こしやすくします。このため、若い頃は大丈夫だったのに中高年になったら...

更年期に入ると微熱が続いたり、原因不明の発熱を度々起こしたりします。微熱というものは実際良くあることですが、日常生活に支障が出るようでしたら要注意です。更年期障害のその他症状には「身体の火照り」「ホットフラッシュ」「だるさ」「イライラ感」などがありますので、それらもよく出るようでしたら更年期障害の可能性が高いかと思います。ちなみに更年期障害になりやすいのは、50代から60代女性。閉経によってホルモ...

あなたの不眠症原因…、それは更年期障害が原因かもしれません。一見、不眠症と更年期は無関係にみえますが、じつは深いところで影響し合っています。更年期障害になると「プロゲステロン」という、眠気を強める働きを持つホルモンが減少することで睡眠に大きな影響をもらたします。ですので、「なかなか寝付けない」「寝てもすぐに目が覚める」「熟睡できず疲労が回復しない」、そんな人は更年期なのかもしれません。更年期障害と...

更年期障害は頻尿や尿漏れにも関係しているといわれています。ただ単に、加齢によってモウロクしただけ、身体の機能が低下しただけではなく、実は更年期の治療をして、治したとたんに頻尿や尿漏れが無くなった!という人も結構、多いようです。とくに、尿漏れ・おねしょ・失禁は実際になってみるとショックがでかいもの。恥ずかしい以前に、自分の衰えが如実に反映されているかのようだし、寿命も短くなっている感じがして嫌なもん...

『歳をとってきたら生理不順が多くなってきた!』という人は更年期が原因かもしれません。というより、女性が中高年となり、閉経近くなると更年期障害を引き起こすので、生理不順が更年期を呼び寄せるといっても過言ではないでしょう。加齢・ストレス・疲労などによって女性ホルモンが乱れ、生理不順を引き起こしやすくなります。生理不順であることは女性ホルモンが大きく減少していると考えられるので更年期障害の症状も非常に出...

最近、やたらと口が渇く、のどが渇く女性は、その原因、更年期かもしれません。更年期障害といえば、有名なのはホットフラッシュや、火照り、発汗、多汗など。身体が暑くなり、汗をいっぱいかいたらどうなりますか?そうです。身体の水分が抜けていって、口やのどが渇いてきますよね?逆にいえば更年期症状は、汗をそれだけかくといえます。これは脱水症状の原因にもなりますので、ご注意ください。また、更年期は乳がんや子宮がん...

更年期障害はいつから始まるのでしょうか?もちろん、個人差がありますが、目安は45歳前後だといわれています。その理由は閉経年齢が近づいてくると女性ホルモンが著しく低下するために更年期障害を発症させます。また、閉経前後いがいにも、過度なストレスや疲労、他にも過度なダイエット、食生活が原因でも女性ホルモンのバランスは悪くなってしまい、年齢とは関係なく更年期障害になることもあるそうです。女性の中には、更年...

急にのぼせたり火照ったりする…!贅肉で肥え太っているようでもなければ、がっつり厚着をしているのではない人だと不思議に思うことでしょう。しかし、それは女性だったら更年期障害の可能性が高い症状です。突然、顔がカーッと熱くなり、まるで興奮状態になったり、首や背中側などから滝のように汗が流れてくるという症状が更年期障害にあります。これは、女性ホルモンが著しく減少し自律神経の乱れが引き起こす、ホットフラッシ...

いつのまにか頭痛や肩などのコリが慢性化しているという方は更年期障害の可能性があります。頭痛や体のコリの原因が更年期障害であるはずがない…と思うでしょうが、実は非常に関係大ありなのです!!更年期障害によって自律神経の乱れます。確実にね。そして乱れてしまった自律神経は血液の循環過程を悪くしてしまい血流が悪くなります、これが肩こりや腰痛などのの症状を招きやすくなるような体内環境になります。中年女性、40...

立ちくらみや、めまいがしたら歳のせいにしたりしていませんか?中高年女性の「めまい」の原因の多くは更年期障害の症状であることが多数を占めているのが現状です。更年期にさしかかると自律神経の乱れがおこります、これが血管の循環機能の仕組みに障害をもたらし、血圧が不安定になりますくなってしまいます。血圧と「めまい」「たちくらみ」と大きな繋がりあり、血圧が下がるとこういった症状が見られるようになります。突然、...

耳鳴りと聞くと「霊の通り道」とかいって、幽霊が自分を通過したから耳鳴りがしたと昔の人は考えていました。まあ、普通に考えたらそんなわけがないのですが(^_^;)最近、いきなり耳鳴りが襲ってくる!という女性の多くは更年期障害によって起きている可能性があります。耳鳴りが起こる原因の多くは自律神経の乱れが原因で起こることが多い。物理的に花火などの大きな爆発音を聞いたりした可能性がない限りは自律神経の異常で...

無頓着 ・ 無関心 ・ 不熱心 ・ 無感動 ・ そして無気力…このような症状が出た場合は更年期が原因かもしれません。女性はもちろん、男性にも更年期障害は起こります。最近、なにもしたくない、仕事をしたくない、人を接するのが煩わしいという方の多くは無気力状態であると思います。最近、部屋の掃除を怠り、ゴミ屋敷になってしまっていませんか?それこそが無気力になってきている確固たる証拠であります。ほかにも...

歳のせいか?セックスすると最近なんだか膣内が摩擦して痛い!と言う女性のその原因、ひょっとしたら更年期障害かもしれません。性行為感染症…すなわち性病の疑いが全くないのにセックスすると膣内に痛みが走ると言う人に限りますが。てか、そもそも更年期と膣内って物理的に関係ないんじゃないの?そう思うでしょうが、大ありなのです!更年期障害になると女性ホルモンの代謝が大きく変化し、減少してしまいます。これが膣内部の...